大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者ランキング!

大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

父から相続したマンションオーナーとして収入を得ています。

今回初めてマンション大規模修繕を行うことになりました。

オーナーとなるとマンション大規模修繕などの全体的な管理まで考えなければなりません。

なかなか周りに相談できる人もおらず頭を抱えていました。

そもそも相続をする前まで、マンションオーナーとしての知識はまったくなくマンション大規模修繕を行うにあたりとにかく、調べるのみでした。

けれど難しい用語も多く、その言葉の意味を調べながらなのでとにかく時間がかかりました。

同じ悩みを持つオーナーさんは、私の他にも大勢いらっしゃると思います。

そもそも大規模規模修繕とは何か?
大規模修繕を行う時期は?
大規模修繕を依頼する大規模修繕業者はどこが良いのか?
そして気になる大規模修繕の費用は?

調べていくうちに、

  • 同じ大規模修繕の工事内容にも中身の差がある
  • 大規模修繕業者でも得意分野が違う
  • 大規模修繕で施工者は国家資格を有する技能者が行うのか?

などに気づいたのです。

今回、私がマンションの大規模修繕について調べた内容や大規模修繕工事やマンション修繕にオススメの業者の比較を悩めるマンションオーナーさんにご紹介したいと思います。

大規模修繕業者ランキング一覧!

豊富な実績とアフターフォローがうれしい大規模修繕業者の老舗

マンション大規模修繕工事を行うにあたり、信頼できる大規模修繕工事業者はどこか?

私なりに入念にリサーチした結果、私がランキング1位に選んだのは、「ベストウイングテクノ株式会社」です。

創業から50年以上にわたり、東京・神奈川・埼玉・千葉の関東を中心に大規模修繕工事の専門工事会社として10,000件以上の豊富な実績がある会社です。

マンション大規模修繕工事は、居住者の安全で快適な生活のために行われ、それはマンションの資産価値を上げることにもなります。

ベストウイングテクノの高い品質、確かな技術力は、ゼネコンからも認められています。

大規模修繕工事後のアフターサービスも2年・3年・5年・10年後のタイミングで現場調査を行い小さな変化も見逃さない万全なフォローが整っています。

きめ細かなアフターサービスができるのも大規模修繕工事専門会社の強みです

大切なマンションだからこそ、マンション大規模修繕工事ならゼネコンに認められた高品質をリーズナブルな料金で実現してくれる、大規模修繕工事専門のベストウイングテクノがオススメです。

江戸時代創業!実績多数の修繕業者

第2位に選んだのは「建装工業株式会社」です。

創業100余年、江戸幕府から塗師として認められた塗装専門工事業者として長年蓄積したノウハウで全国年間30,000戸を超える施工実績がある修繕・改修専門業者です。

タワーマンションでは、ドローンなどの最新の機器・技術によって徹底した調査を行い的確で詳細な診断結果を導き出し、適正な工事費用でマンション大規模修繕工事を実現してくれます。

キメ細かい連絡と、居住者の生活導線を考慮した安全計画を提案するなど居住者の負担を軽減した配慮ある提案をしてくれ、大規模修繕工事でも実績があります。

マンションオーナー・居住者目線を大切にした大規模修繕工事を行う

第3位に選んだのは「株式会社カシワバラ・コーポレーション」です。

マンションオーナーの要望を叶えてくれるのは勿論、マンション居住者の安全を徹底する、安全・防犯対策を実施している、マンションオーナー・居住者目線を何より大切にしているマンション大規模修繕業者です。

また、カシワバラコーポレーションは平成29年度の実績は、214管理組合・26,689戸という豊富な実績と、改修工事元請け受注率93,01%という数字から見る安心感もあります。

経営規模等評価結果通知書P点塗装部門1,500点/経営規模等評価結果通知書Y評点1,164点という点も好印象です。

マンション大規模修繕工事を行う際のカシワバラ・コーポレーションの安全・防犯管理にとても安心感を感じましたので、そちらもご紹介したいと思います。

資金不足に陥らない最適な大規模修繕プランを提案

マンション管理業者として名高い穴吹コミュニティ10万件以上の管理実績があり、そのノウハウを活かした無理のない最適なマンション大規模修繕工事プランを提案してくれます。

無理のない最適なプランとは、居住者の快適な生活維持は勿論ですが、この先も何十年と生活するマンションの建物としての未来を考え、マンション入居後30年間という長いスパンで本当に必要とするマンション大規模修繕プランを選び、修繕積立金資金不足を回避することです。

マンション大規模修繕工事を行うに当たり、マンションオーナーとしては、マンション大規模修繕工事にかかる費用が悩みの種ですよね。

その資金計画なども含めて相談でき、豊富な実績をもとに総合的にアドバイスしてもらえます。

分譲マンション総合管理受託戸数1位とリプレース実績が豊富

第5位に選んだのは「日本ハウズイング株式会社」です。

日本ハウズイングは分譲マンション総合管理受託戸数1位とリプレース実績が豊富です。

その豊富なマンション管理ノウハウで大切なマンション建物を一生を通じて守ってくれるため頼もしいですね。

常に居住者の安全で快適な生活を守るため、マンションの日常管理に重点を置き、居住者の安全な生活とマンション建物の資産価値を見据えた大規模修繕工事を実現してくれます。

よく読まれている記事

マンション大規模修繕とは?

マンション大規模修繕というのは、簡単にいうとマンション全体の大きな工事のことです。

こういってしまうとアバウト過ぎるかもしれませんね。

マンション建物は、雨に打たれ風に吹かれ強い紫外線に常にさらされていますよね。

コンクリートも人間のお肌の様に傷むので、定期的にしかっり管理してあげる必要があります。

マンション大規模修繕は、定期的に建物診断の実施を行い、その診断結果に基づいて作成された修繕計画に沿って行います。

マンション大規模修繕では、外壁の修繕や屋上防水の修繕等を中心に、3~5ヶ月(マンションの場合)と長い時間をかけます

結構時間がかかるものなのですね。

大規模修繕工事業者BEST5を一覧表にしてみました

さて、本サイトではおすすめの大規模修繕工事業者を比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ規模の違いはあれど、どの業者も長年大規模修繕を手がけている会社なので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各大規模修繕工事業者の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名ベストウイングテクノ株式会社建装工業株式会社株式会社カシワバラ・コーポレーション株式会社
穴吹コミュニティ
日本ハウズイング
株式会社
実績創業以来1万件以上年間3万戸以上平成30年度の実績は約2万3,000戸大規模修繕の実績は不明掲載無し
対応エリア東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県全国全国全国全国
アフターメンテナンス2・3・5・10年後に定期点検あり定期点検あり工事請負契約時に、保証年数に応じた定期的な点検時期を取り決め(保証年数は工事の種類によって異なる)定期点検あり掲載無し
保証期間●屋上防水工事 10年(条件:5年目トップコート塗り替え)
●バルコニー・庇防水 工事 5年
●シーリング工事 3年
●外壁塗装工事 5年、アステックペイント10年
●鉄部塗装工事 2年
掲載無し●下地補修工事(補修部の再劣化)5年
●シーリング工事(剥離・漏水)5年
●外壁塗装工事(剥離・変褪色)5年
●上裏塗装工事(剥離・変褪色)3年
●鉄部等塗装工事(剥離・変褪色・錆び発生)2年
●ウレタン塗膜防水ウレタン
トップ(2.9kg/㎡)(剥離・変褪色・漏水)10年
●ウレタン塗膜防水ウレタン
トップ(1.8kg/㎡)(剥離・変褪色・漏水)5年
●アスファルトシングル防水工事(剥離・漏水)10年
●長尺塩ビシート複合防水工事(剥離・変褪色・漏水)5年
●その他工事(不具合等)1年
掲載無し掲載無し
スタッフ対応髪型・服装などの身なりを整える、気持ちよい挨拶を行う、施工現場ではタバコを吸わない、施工後の片付けはしっかり行うなど、職人としてのマナーを徹底している。新入社員研修から始まり、フォローアップ研修、塗装技術研修、階層別研修、コンプライアンス研修など様々な研修プログラムがある。1年目の点検については工事を担当した現場代理人が行い、その後の点検については、アフターメンテナンス部の担当者が実施。長年培ってきたノウハウや経験を活かし、ご入居後30年間にわたる最適で無理のない長期修繕計画案を提示。多くの拠点を持ちながらも、現場第一を徹底するためにアウトソーシングはせずに、自社で社員を採用することで理念の浸透を図っている。
問合せ【TEL】
0120-051-871
【問い合わせフォームはこちら】
【TEL】
03-3433-0503
【問い合わせフォームはこちら】
【TEL】
0120-48-4116
【問い合わせフォームはこちら】
【TEL】
0120-365-384
【問い合わせフォームはこちら】
【TEL】
0120-280-165
【問い合わせフォームはこちら】
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

わたしのおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

やはり注目すべきはこれまでの実績やアフターメンテナンスといったところでしょう。

また、おすすめの大規模修繕工事業者として、しっかりした保証があることは大前提ですが、その内容などにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあった大規模修繕工事業者を選び、工事を依頼してほしいと思います。

大規模修繕を行うタイミング

では、マンション大規模修繕はいつ行うのでしょうか?

【建築基準法第8条第1項】

「建築物の所有者、管理者又は占有者は、その建築物の敷地、構造及び建築設備を常時適法な状態に維持するように努めなければならない」と定められています。

平成20年4月から建築基準法の一部が改正され、厳しくなりました。

タイル貼り・モルタル仕上げなどのマンションは、竣工・改築などから10年経過後、3年以内に外壁の全面4打診調査を実施しなくてはなりません。

・道を歩いていたら、劣化したタイルが落下してきて大怪我をした。
・駐車してい車に落下物が当たりフロントガラスが割れてしまった。

そんなことが起きてしまったら大問題ですよね。

住まわれている方の安全を守ることが何より大切ですし、それはマンション建物の資産価値を守ることにもなります。

全面打診調査は高額

その全面打診調査ですが、行うには「足場」が必須です。

足場を組む費用コストは高く、3階建てのマンションで外周が100メートル・高さ10メートルの場合の足場料1,080㎡(足場架面積) × 1,200円(平米単価) = 1,296,000円(足場代)その費用が高額なことから、全面打診調査を実施する時に大規模修繕を行うのが通説になっていて、築12年を経過したころが大規模修繕を行うのが目安のようです。

私も全面打診調査の費用などを比較した結果、築12年でマンション大規模修繕を行おうと決心しました。

大規模修繕をするのには確認申請が必要!

マンションは新築で建築するだけ際ではなく、大規模修繕する際にも建築申請が原則として必要となります。

建築基準法における大規模修繕等にあたる工事の定義は、建築基準法第2条第14・15号に記されています。

14. 大規模の修繕 建築物の主要構造部の一種類以上について行う過半の修繕をいう。

15. 大規模の模様替え 建築物の一種以上について行う過半の模様替えをいう。

なんだか分かりづらい文言ですね。

慣れない言葉に頭痛がしてきました。

建築基準法における修繕とは、建築物(マンション)の傷んだり不都合が生じた部分を同じ材料を使用して、元の状態に戻し建築当初の価値に回復するための行為のことを指していて、模様替えとは、建築物等の材料、仕様を変えて、建築当初の価値の低下を防ぐ工事のことです。

私のような一般人からすると、

・修繕=傷んだところを直す
・模様替え=配置換え

というイメージが強くなかなか言葉を調べて読んでも理解に苦しみました。

そういった点も含め、相談できる・話せるパートナー=大規模修繕業者が頼りの綱になります。

どの大規模修繕業者にするか、大規模修繕業者を比較する際1番に相談はしやすいか?
を比較第1ポイントにすると良いと思います。

大規模修繕 確認申請の条件は?

建築基準法第6条1から3号 [規模]

1 特殊建築物で100㎡を超える場合

2 木造建築物で3以上の階数、又は延べ面積が500㎡、高さが13mもしくは軒の高さが9㎡を超えるもの

3 木造以外の建築物で2以上の階数を有し、又は延べ面積が200㎡を超えるもの

大規模な修繕、模様替え工事の定義より [工事内容]

4 主要構造部の一種類以上について行う過半の改修工事

行政機関によって、判断が異なることが多いので、心配な方は専門家や行政機関に、確認申請が必要かどうか確認するのが良いと思います。

大規模修繕業者を選ぶ比較ポイント

大規模修繕工事を行うと決めたなら、次は大規模修繕業者を選びます。

これが一番難しい、頭を悩ませるところです。

大規模修繕は、1度で終わりではありません

12年後、24年後と行っていますし1回目より2回目の方が修繕箇所も増えていきます。

大規模修繕業者とは何十年という長い付き合いになるので、本当に信頼できる大規模修繕業者を選ぶ必要があります。
では、どんな比較ポイントで大規模修繕業者を選べば良いのでしょうか?

数多くのマンション大規模修繕業者を調べて比較していて感じたことは、きちんと相談できるマンション大規模修繕業者を選ぶのが何より1番ということです。

大規模修繕を施工する施工者の質も大切ですし、大規模修繕の費用についても納得のいくのが重要です。

数社で見積もりを取る際、費用についても大きな比較ポイントです。

 

マンション大規模修繕業の比較 費用は?相場は?

気になるのがマンション大規模修繕の費用ですよね。

2013年3月東京都都市整備局の発表によると

引用 東京都都市整備局 : マンション実態調査結果

・100万円以内・・・1.9%
・100万超~500万円・・・8.9%
・500万超~1,000万円・・・10.0%
・1,000万超~3,000万・・・35.0%
・3,000万超~5,000万・・・22.2%
・5,000万超~1億円・・・15.2%
・1億円超・・・6.7%

という費用の調査結果が出ていました。

流石、東京は高い!イメージがありますね。

ここでちょっとした比較する際のポイントです。

マンション建物の外観が複雑になっている場合や、高層マンションでは、足場の設置費用が高額になったり、ゴンドラリフトの使用があければ大規模修繕費用はさらに上がるようです。

ゴンドラ1機の費用は400万円ともいわれています。

恐ろしいですね・・・。

マンション大規模修繕の内容を比較

・仮設・足場工事
・下地補修工事
・シーリング工事
・外壁塗装工事
・鉄部塗装工事
・防水工事

費用見積もりを取る際にはに工事項目ごとに費用を算出してもらいましょう

因みに、マンション大規模修繕の際、「足場」の費用は、見積書で「直接仮設工事」と表記されています。

外壁工事タイルの種類は?

マンション建物が大きければ大きいほど、高層なほど費用が上がるのは想像がつきますよね。

マンションの外壁のタイルは大きく分けると2種類あります。

・吹き付けタイル
・タイル貼り

吹き付けタイルは、傷がつきやすかったり、ひび割れやすく、汚れもつきやすいので、
定期的に補修することが必須です。

それに比べてタイル貼りは、状態の確認点検は必要ですが、基本的にはそのままで大丈夫なんだそうです。

外壁工事を行うために、足場を組み(直接仮設工事)タイルの洗浄、下地補正を施します。

【外壁工事の費用相場】

タイル洗浄費用:510円/平方メートル

ひび割れ補修費用:1,710円/メートル

吹付けタイル塗装費用:1,830円/平方メートル

■外壁工事の塗料費用も確認!

タイルの塗料費用についても確認してください。

費用見積もりを数社で出してもらって比較するのに同じマンション建物なのに外壁工事の費用に開きがあります。

その理由のひとつが塗料です。

使用する塗料によって耐久性・性能が変わってきます。

費用が安いのは、とても嬉しいことですが、なぜ安いのか?を考えて比較する必要性がありますね。

一般的には、シリコン系塗料が多いようです。

シリコン系塗料の耐久年数は約13年とされているコスパの良さが比較した結果選ばれている大きな理由のようです。

シリコン系塗料以上を選ぶと良いのかなという印象を受けました。

■外壁工事に目地シーリング工事が含まれている?費用は?

外壁工事の費用見積もりで目地シーリングが含まれているか確認してください。

それによって費用が変わることもあります。

コンクリートでマンションを建築した場合、コンクリートとコンクリートをつなぎ合わせて作られています。

紫外線や雨風の影響、地震などによってコンクリートひび割れがおきたり、鉄筋が飛び出したりする場合があります。

また、雨漏りの一番の原因は、このシーリング部分の劣化によるものが多いそうです。

そうなってしまうと大変ですので、つなぎ目を補修する必要があります。

このつなぎ目の補修工事のことを目地シーリング工事といいます。

大規模修繕業者の比較ポイントとして外壁工事の内容に、目地シーリング工事が含まれているかきちんと確認することを強くおススメします。

目地シーリング工事が含まれていない場合、目地シーリング工事費用費用も含めた費用見積もりの作成もお願いしましょう。

鉄部塗装工事も必須

マンションには多くの鉄が使われています。

例えば、自転車にカバーもかけず、屋根もなければすぐに錆びてしまいますよね。

マンションに使われている鉄も同じように錆びてしまうのです。

鉄部の修繕頻度は5年に一度といわれています。

環境にもよりますが2年程度で、鉄部塗装工事が必要なこともあるようです。

その期間からいくと、外壁工事の際に鉄部工事も行いましょう。

【鉄部塗装工事 費用相場】

階段手すり補修費用:1,550円/メートル

玄関ドア枠費用:3,910円/戸

避難ハッチ費用:3,060円/台

防水工事のあれこれ

マンション大規模修繕工事で、外壁工事、鉄部塗装工事の後に行われるのが防水工事で
屋上、バルコニーに施します。

大切なマンションを雨風から守るとても重要な工事です。

防水工事といっても

・ウレタンゴム系塗膜防水工事作業
・アクリルゴム系塗膜防水工事作業
・セメント系防水工事作業
・シーリング防水工事作業

など多岐に渡ります。

■大規模修繕工事業者に防水技能施工士は在籍しているのか?

これも大規模修繕業者を比較する際に比較ポイントになると思います。

防水技能施工士とは、国家資格で、試験を受けられる条件も実務経験によって異なります。

1級・・・上級技能者/実務経験7年以上

2級・・・中級技能者/実務経験2年以上

となっています。

資格を取得するためには、技能検定の実技試験と学科試験の両方に合格するのが必要です。

防水工事をお願いするなら国家資格の防水技能施工士に頼みたいと思いました。

国のお墨付きですから、安心と信頼感がありますよね。

防水工事 費用相場

防水工事の場合は、工法と面積によって費用相場が変わります。

ウレタン防水の密着工法費用・・・3,800円(ベランダや共用廊下などに)

ウレタン防水の通気緩衝工法費用・・・6,800円(屋上やバルコニーなどに)

FRP防水の密着工法費用・・・7,000円(木造住宅の屋上やベランダなどに)FRP防水の
通気緩衝工法費用・・・9,000円(小規模の屋上や屋上緑化に)

アスファルト防水のトーチ工法費用・・・3,500円(アスファルト露出防水層の改修に)

塩ビシートの機械固定式工法費用・・・7,200円(既存の露出防水層に被せる工法)

防水工事をする箇所によって、工法を変えるのがベターなようです。

防水技能施工士が在籍する大規模修繕工事業者なら、正しい知識と豊富な経験があるので的確な費用見積を算出してくれるだろうなと思いました。

大規模修繕で気になるクチコミ

マンション大規模修繕で検索していたら、大規模修繕時に気になることについてのクチコミをみつけたのでご紹介したいと思います。

網戸がない!窓が開けられない?

大規模修繕工事中は、網戸を必ず外さないとなりません。

網戸があると、コンクリートと窓の目地シーリング工事に支障があったり外壁の塗装工事の妨げになってしまいます。

引用 : 発言小町

居住しているマンションの大規模修繕が始まりました。
修繕期間は4ヶ月程度ですが、うち1ヶ月程は各網戸をはずして室内に収納しておくようにとのことです。
小さな虫も苦手なため、網戸なしの間どうやって窓を開けておくか悩んでいます。
同じように大規模修繕を経験された方から、どのような工夫でのりきられたか教えていただきたくトピをたてました。
どうぞよろしくお願いします。

そうなんですよね、網戸を外しておく必要があります。

冬でしたら、窓を開けることも少ないでしょうが、、、。

何か良い方法はないか?検索していると

引用 : ヤフー知恵袋

うちのマンションで、大規模修繕工事をしているのですが、網戸もはずしての工事になました。
ドアを閉めたら蒸し暑いので、ドアを開け、網戸にしたくても出来ません。
出来るだけお金を使わず
簡易網戸を作る方法はありませんでしょうか?

なるほど・・・。

簡易網戸を作るというアイディアは良いですね!

引用 : ヤフー知恵袋

簡易の網戸を買えばいいとおもうんですが1000円~2000円ぐらい費用がかかると思います。

窓に2ヶ所つけたら風が通ると思います

その程度の費用なら、試してみたいですね。

ただし、外壁工事や防水工事の際は、塗料や薬品のにおいが出ることもあるので

窓を開けても大丈夫なのか?事前に確認することをオススメします。

エアコンの室外機は?

大規模修繕工事中、ベランダ(バルコニー)の室外機についてのクチコミも多数ありました。

ベランダの修繕工事も行うので、ベランダにあるものはすべて、ベランダから撤去する必要があります

ベランダにも、廊下に面した部屋にエアコンが設置してあれば、廊下の室外機も大規模修繕工事の妨げになってしまいます。

引用 : Yahoo!不動産

マンション大規模修繕工事の相談。私が住んでいる、マンションの修繕工事があります。廊下に設置しているエアコンの室外機のことですが、廊下の敷物を敷き替えする際に、室外機を個々で外し、家の中に持ちいれるようにと、張り紙がありました。別途業者に委託する際は、1台につき1,000円です。と。
どこのマンション・どこのリフォーム業者でも廊下の室外機は一旦取り外しを
しないとできないものですか、廊下の敷物の上に室外機がのっています。
配線、ホースなどは左右に移動しても、20cmくらいしか移動はできません。
室外機の脱着が必ず必要であれば、見積もりを取る際に、一緒に組み込む
ものではないでしょうか。

廊下やベランダは、専用使用権が認められた共有部なので、植物やエアコンの室外機、居住者が貼ったタイルもすべて撤去しなくてはならないのです。

その費用は居住者の負担になります。

このクチコミを貴重な意見としてマンションオーナーは事前の説明時にしっかり伝えたいですね。

マンション大規模修繕工事業者5選を比較したまとめ

今回、マンション大規模修繕業者5選を私なりに比較してみました。

どの大規模修繕業者もとても魅力的でした。

細かに調べた各社の情報と公式ページも是非お読みください。

私が、ベストウイングテクノ株式会社を1位に選んだ理由は、大規模修繕工事専門会社だからです。

実績・技術力・サポート力が他社と比較してマンションオーナーが安心できると感じました。

具体的に、

・海底トンネルや高層マンションに至るまでゼネコンの確かな技術力が納得のいく費用価格で受けられる。
・一級建築士、一級建築施工管理技士、一級防水施工管理技士が多数在籍している。
・オーナーから直接ベストウイングテクノ株式会社が一環工事をしている
・高い技術力が徹底した社内教育により継承されるので、安心して長いお付き合いができる

という点でした。

今回、ご紹介した内容が、悩めるマンションオーナーさんのお役に少しでも立てられたら嬉しいです。

 

記事一覧

マンションの大規模修繕工事は、数千万円~数億円の費用がかかる大規模なプロジェクトです。 大規模修繕業者を選定す ・・・[続きを読む]
  規模修繕を実施すると決定したら、すぐにでも工事に取り掛かりたいと思います。 でも、着工までには法 ・・・[続きを読む]
大規模修繕工事を行う主な理由は「建物の寿命を延ばす」ことです。 適切にメンテナンスをしないと建物が劣化してしま ・・・[続きを読む]
マンションの安全性や快適性、資産価値を維持するためには、大規模修繕業者へ依頼して修繕工事などを行う必要がありま ・・・[続きを読む]
大規模修繕にはいくつかの段階があります。 実際の工事に必要な期間は、そのうちの3分の1程度と言われています。 ・・・[続きを読む]
一般的に鉄筋コンクリート造の建物は、適切にメンテナンスをすれば60年以上持つといわれています。 ただし、風雨や ・・・[続きを読む]
大規模修繕業者を選ぶときに、目的に合った作業をしてもらえる業者を選ぶことは大切です。 しかし、それぞれの業者に ・・・[続きを読む]
大規模修繕を実施する時の基本的な流れは、計画から始まります。 次に大規模修繕業者選びを行なって建物の診断を依頼 ・・・[続きを読む]
大規模修繕は積立金で賄うものと考えていますが、見積もりを見て足りないなんてことも考えられます。 それでも実施し ・・・[続きを読む]
大規模修繕業者に修繕を依頼する場合は、使用する部材や理想の仕上がりなどの希望を何でも相談できるのはもちろんのこ ・・・[続きを読む]
大規模修繕を検討する時には見積もりが重要です。面倒だから管理会社で大丈夫と割り切ってしまうと多額の費用を損する ・・・[続きを読む]
大規模修繕業者にマンションの工事を依頼する際「修繕」と「改修」の違いがよく分からないと、上手く計画や検討を進め ・・・[続きを読む]
マンションを維持するためには、定期的に大規模修繕工事を実施する必要があります。工事を実施する時期を検討する場合 ・・・[続きを読む]
マンションやビルといった建物の劣化などに伴う大規模修繕工事に関して、十数年に1回行うことが多いです。そのため計 ・・・[続きを読む]
マンションなどの巨大建築物を対象に行われる大規模修繕は、その名の示す通りかなり大掛かりな工事となります。余りに ・・・[続きを読む]
建物はいつか絶対に老朽化します。マンションやアパートなどのオーナーの方であれば、頭に入れておきたい項目になって ・・・[続きを読む]
マンションをメンテナンスするためには、定期的に大規模修繕工事を実施する必要があります。大規模修繕業者の工事を実 ・・・[続きを読む]
大規模修繕業者が行うもののひとつに全面打診調査があります。建物は時間の経過することで劣化していくため、いずれは ・・・[続きを読む]
マンションの大規模修繕工事を行う場合には、マンションの住民や近隣とのトラブルが発生する場合があります。大規模修 ・・・[続きを読む]
大規模修繕工事を行うにあたり、着工前に行う必要のあるものとして「修繕計画」の立案があります。そのためには、事前 ・・・[続きを読む]
マンションの管理人や管理組合の役員の方であれば、定期的に修繕を行うため、大規模修繕業者への依頼が発生するもので ・・・[続きを読む]
古くなったマンションやビルを放置していると外壁が崩れたり、手すりが壊れる事で誰かが怪我をする可能性もあります。 ・・・[続きを読む]
大規模修繕はマンションを維持するために重要な工事の一つです。実施しないことで耐久性が維持できなかったり、資産価 ・・・[続きを読む]
大規模修繕はマンションなどの大きな建築物が経年劣化するのに伴って実施する、まとまった計画的な修繕のことを指しま ・・・[続きを読む]
マンションなどの大きな建物の経年劣化が酷くなると、いくつものトラブルが発生して住民も安全な暮らしを続けるのが難 ・・・[続きを読む]
マンションなどの建物に対して一定期間毎に実施する計画的修繕工事を大規模修繕と呼んでいて、大規模修繕を行う時期は ・・・[続きを読む]
マンションなどでの大規模修繕を考えている自治会の役員の方々であれば、金銭面や工事方法に注目されるのは当然のこと ・・・[続きを読む]
近年、建物の長寿命化や健全な維持管理の必要性が高まっています。これらの実現にあたり必要不可欠なものに適正な大規 ・・・[続きを読む]