大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者の工事が必要になる頻度はどのくらい?

マンションの安全性や快適性、資産価値を維持するためには、大規模修繕業者へ依頼して修繕工事などを行う必要がありますが、どれぐらいの頻度で行えばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう

ここでは、その時期や頻度について詳しく紹介していきます。

 

12年周期というのが一般的な目安

大規模修繕業者へ依頼してマンションの修繕工事を行う時期は、特に決まりがあるというわけではないため、建物の劣化状態や管理状態など、個々の事情によって変わってきます。しかし、一般的には12年周期で検討や計画がなされるケースが多いので、それが一つの目安になると言えるでしょう。

ではなぜその時期が一般的になっているのかというと、その根拠は建築基準法にあります。法律では、外壁がタイル貼り等になっているマンションが築10年経過したら、3年以内に外壁の全面打診調査を行う必要があるということが定められており、このことが12年周期という考え方に関係していると言われているのです。

もともと建築基準法第8条第1項では、建築物を常時適法な状態に維持するよう努めるといった趣旨のことが定められていたのですが、法改正によって上記の規定が設けられました。この外壁に関する決まりは、タイル等の落下防止を目的としたものであり、安全確保のために重要なことだと言えます。

ですので、この法律に定められた時期に沿って大規模修繕を実施するのがよいという考え方になっていったということが推測できます。

 

全面打診調査と12年周期の関係性

12年周期の根拠となっている、外壁の「全面打診調査」に該当する建物については、先ほども説明したように築10年を超えていることがまず前提としてあります。そして外壁の修繕を10年以上行っていない場合や、歩行者などに危険が及ぶ恐れのある個所の全面打診を10年以上行っていない場合がさらに挙げられます。

しかしこの調査は、10年間は行わなくてもいいのかというとそうではなく、異常が確認された箇所については時期に関係なく実施しなければならないとされているため注意しましょう。また、調査を行わなくてよい例外としては、3年以内に外壁の修繕工事を行う予定があるケースや、歩行者などに対する安全策が取られているケースが挙げられます。

さらにこの調査を実施する際は、足場が必要になりますが、それにはコストがかかってしまいます。ですが、大規模修繕業者へ修繕を依頼する場合も同じように足場が不可欠なため、それならばいっそのこと13年以内に(12年周期で)工事をしてしまった方がコスト的にも得になるという発想になっていったというわけです。

 

12年ごとでなくてもよいという考え方もある

大規模修繕業者へ工事を依頼する時期は12年周期が一般的だということを説明してきましたが、実は、必ずしもそれにこだわる必要はないという考え方もあります。

それは、一定の時期にこだわるのではなく、建物の劣化状況によって対応するということです。そしてこの考え方には、時期を延ばすことによって、大規模修繕の回数を減らしてコストを抑えるというメリットがあります。

例えば、12年ごとに行う場合であれば、36年間に3回の工事を行う必要がありますが、15年ごとであれば2回で済ませることが出来ます。大規模修繕業者へ依頼すると1回あたり数千万円もの費用がかかるため、それを1回でも減らすことが出来ればかなりの節約になるでしょう。

もちろん、比較的短い周期ごとに大規模修繕を行った方が、マンションの安全性や快適性を維持しやすいということが言えますが、同時に費用対効果も考えなければなりません。そうした意味で、12年周期にこだわらないということも重要ですし、さまざまな観点から何が最適なのかということを検討することが大切だと言えるでしょう。

 

大規模修繕の適切の時期は建物ごとに違う

大規模修繕工事の時期を12年周期にこだわらないとしても、単に先延ばしをするのはよくありません。それでは建物の安全性などを十分確保できなくなる恐れがありますし、劣化が進むことによって余計な修繕費用がかかることもあるからです。

しかし建物の劣化状態というのは、施工や周囲の環境などによってそれぞれ違ってくるため、どれも同じように傷みが進むわけではありません。ですので、劣化が少ないと判断出来る場合は、一般的な大規模修繕の時期よりも先延ばしをすることが出来ます。

では、どうやって適切な時期を見極めたらいいのかというと、それには建物診断を実施して判断するという方法があります。一般的には、計画されていた時期が来たから大規模修繕業者へ依頼するという場合が多いのですが、診断を行うことで、それぞれの建物に合った修繕時期を見極めることが出来るのです。

もちろん、今は傷んでいなくても、いずれ傷む可能性がある箇所を定期的に直しておくという考え方もよいと言えますが、必ずしもそのやり方にこだわることはないということも知っておくとよいでしょう。

 

大規模修繕の内容や範囲を検討することも重要

マンションの長期修繕計画は管理会社から提案されますが、その際は、建物の劣化状況に関係なく、一度にあらゆる種類の工事を実施するという提案がなされるケースが多いと言えるでしょう。しかし建物の劣化というのは、それぞれの箇所によっても違ってくるものです。

例えば、1回目の大規模修繕で定番となっているものとしては、屋上防水や外壁、そして共用部分などがありますが、状態が良い箇所については必ずしも実施する必要はないのです。場合によっては、多くの修繕を一度に行ったほうが費用を安く出来るというケースもありますが、見積もりを見直すと、特に安くなるわけではないケースもあります。

そして一度に行うことで特に安くならないのであれば、修繕を先延ばしにすることで、その回数を減らすことが出来ますし、その分費用を節約することも可能になります。ですので、まとめて行うことにこだわる必要はないのですが、緊急性のある箇所については確実に修繕を実施しなければならないため、先ほど紹介した建物診断による劣化の見極めがとても重要になると言えるでしょう。

 

回数を重ねる度に修繕や改修のポイントが増える

マンションの大規模修繕工事は、適切な時期ごとに行うことが必要になりますが、その回数を重ねていくと修繕や改修をしなければならないポイントが増えていきます。なぜそうなるのかというと、年数を経るごとに建物の劣化具合が進んでいくからであり、1回目と2回目以降では建物の状態が違うからです。

そしてこの劣化具合の違いにより、工事の内容も変わってくるということが言えます。一般的には、1回目は建物の外部が中心になりますが、2回目は内部のパーツ等の修繕が含まれますし、3回目は内部の主要設備などの更新も行う必要が出てくるのです。

さらに建物の状態を維持するための修繕だけでなく、耐震補強や省エネ化、バリアフリーに関する改修が求められるケースもあるでしょう。そのため、コストについても回を重ねるごとに増えていくことが避けられないので、費用の確保も重要になってきます。

このように、マンションの大規模修繕は長期的なスパンで考えるべきものであり、2回目以降の大規模修繕まで考えておくことが必要になるということが言えるでしょう。

 

マンションの大規模修繕を行う時期は、12年周期というのが一般的な目安ですが、建物の劣化に応じて実施するという考え方もあります。そして大規模修繕では、劣化によって内容や範囲を検討することが重要ですし、回数を重ねるたびに修繕ポイントが増えることも知っておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧