大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者の工事が居住者の生活に影響があることを把握しておこう

マンションをメンテナンスするためには、定期的に大規模修繕工事を実施する必要があります。大規模修繕業者の工事を実施する間は、居住者の日常生活に影響があることを理解しておくことが大切です。

工事開始後にトラブルが発生するのを防ぐためには、事前に予想される影響を十分に説明しておく必要があります。

 

自動車や自転車置き場が移動するケースとは?

マンションの大規模修繕工事を実施する場合には、施設内のほぼすべての部分で何らかの工事が実施されます。工事期間中の生活に大きな影響を及ぼすのは、駐輪場や駐車場の補修作業です。

修繕工事では自転車置き場の屋根や自転車を収納するラックのペンキを塗り直したり、駐車場のアスファルトを修繕するケースがあります。駐輪場や駐車場の工事中は一時的に車両を別の場所に移動させておかなければならないので、この間は不便な生活を強いられることになります。

来客用の駐車場や駐輪場を仮設の車両置き場として使用するケースが多いため、工事期間中はこれらの施設が利用できなくなる場合があります。修繕工事を実施する間は、共用庭・エントランス・1階部分の通路などのスペースに仮設の自転車置き場を設置する場合が多いようです。

駐車場の修繕工事を行う際に外部の駐車スペースを確保できない場合には、部分的に少しずつ修繕作業を進めることで移動させる車両の台数を減らす工夫が必要です。いずれにしても自転車や自動車を別の場所に移動させなければならないため、作業中は居住者の協力が求められます。

 

共用部分(エントランスや専用庭など)が使えなくなる理由とは?

大規模修繕業者に工事を依頼すると、作業工程ごとに下請け会社に作業を委託する形で工事が進められます。下請け会社は職人を派遣して、それぞれが作業を分担します。

工事期間中は依頼をした大規模修繕業者の担当者のほかに、下請け会社から派遣された職人が現場に出入りします。工事中は大規模修繕業者の担当者は現場で指揮・監督を行う必要がありますし、各下請け会社の職人・作業員が打ち合わせや休息のための場所が必要になります。

このためマンションの敷地内にプレハブ式の仮設事務所が設置されます。他にも施工業者の車両を駐車したり、必要な資材を保管するためのスペースが設けられる場合があります。

工事期間中に仮設事務所を設置したり車両や資材を置くためのスペースは、マンション敷地内の専用庭などが使用されます。エントランス部分のスペースや集会場を活用して、資材置き場に使用する場合も少なくありません。

修繕工事中は敷地内のエントランスや専用庭などのスペースが仮設事務所や資材置き場として使用されるので、これらの施設が使用できなくなります。場合によっては居住者が普段の生活で使用していた通路も、閉鎖する必要があります。

 

バルコニーの工事の際に居住者に求められることとは?

マンションの大規模修繕工事では、バルコニーの外側と内側についても修繕工事や再塗装・ゴムシートの張り替えなどの作業が実施されます。バルコニーの床にゴムシートが敷かれている場合には、全て剥がして新しいシートと交換します。

バルコニーの工事を実施する間は、物置や鉢植えなどの物品を別の場所に移動させておく必要があります。工事が始まる前にバルコニーに置かれている物の移動作業を済ませておく必要があり、工事中は通路や室内に保管しなければなりません。

衛星放送のアンテナを欄干部分に設置するケースもあります。テレビ用のアンテナも工事の支障となるので、取り外しておく必要があります。大規模修繕期間中はバルコニーに置かれていたものを室内に移動したり、アンテナを取り外すことでテレビの視聴ができなくなるなどの影響が及ぶ場合があることを理解しておきましょう。

ちなみに工事終了後に取り外したアンテナを再び設置する場合の費用は居住者が負担しなければなりません。工事中は作業員が立ち入って作業を行うので、家を留守にする場合にはガラス戸の戸締りを確認したりカーテンを閉めておく必要があります。

 

足場の設置や窓の面格子を取り外す際の影響とは?

一般的にマンションの大規模修繕工事を実施する際は、マンションの外壁の破損個所を修繕したり再塗装の作業が行われます。作業を実施するために、建物全体を覆う形で足場や防音シートが設置されます。

マンションの通路側の窓には防犯用の面格子が取り付けられている場合が多いのですが、工事期間中は一時的に取り外す場合があります。工事関係者が出入りするために、出入口のオートロックを一時的に解除するケースもあります。

足場の設置や面格子の取り外しなどを行う場合は、空き巣の被害に遭いやすくなるという影響を受けます。工事期間中は泥棒が作業員に紛れ込んで足場を使用してマンション内に侵入したり、面格子が取り外された窓から室内に入ることができるからです。

一時的にオートロックが解除されるので、普段よりも窃盗の被害に遭うリスクが高まります。大規模修繕期間中は、普段よりもドアや窓・ガラス戸の戸締りに注意を払う必要があります。

外出中は部屋のカーテンを閉めておいたり、風通しを良くする目的で窓を開ける場合には防犯用のロック錠を使用することが求められます。

 

通路部分の再塗装やゴムシートの張り替えによる影響とは?

大規模修繕工事の際は、共用スペースや通路の床に設置されているゴムシートの張り替え作業が実施されます。ゴムシートの張り替え作業中は下地処理や専用の接着剤を乾燥させる作業が行われるので、作業中は通路を使用することができません。

一般的に住民や作業員が歩くためのスペースを設けるために、通路や階段部分の工事は部分的に少しずつ進められます。作業を行っているエリアについては立ち入りが制限されたり、シートを被せたりして保護します。工事期間中は通路が狭くなったりシートが敷かれることで、歩きにくくなります。

まとめ買いをして台車で荷物を運ぶ場合に、通路を通過することができなくなる場合があるので注意が必要です。通路や階段の補修作業やシートの張り替え作業中は、足元に注意して移動することが求められます。

新しいゴムシートを取り付ける際は接着剤が使用されますし、再塗装を行う場合は塗料塗布します。接着剤や塗料が完全に乾くまでの間は、溶剤の臭いが気になる場合があるので注意が必要です。

再塗装の際は塗料が付着するのを防ぐ目的で養生シートを被せますが、この時に通路に室外機を設置しているエアコンが一時的に使用できなくなるので注意しましょう。

 

専有部分の工事を実施する場合の影響とは?

一般的にマンションの大規模修繕工事では建物の外壁やバルコニー・通路・共用スペースなどのように、主に共用部分で作業が実施されます。比較的新しいマンションでは室内の専有部分で工事が行われないケースが多いのですが、一部の古いマンションは専有部分内に共用管が設置されている場合があります。

このようなマンションでは水回りの点検や修繕工事を行う目的で、室内の専有部分でも作業が実施されます。専有スペースで作業が行われる場合には一時的に家の中に作業員が出入りすることになり作業中は、住民は自宅に居る必要があります。

専有スペースの工事が始まるまでに、住民は作業に支障を及ぼす家具や家電を移動させておかなければなりません。大規模修繕工事を実施する場合には、居住者が作業に合わせて外出スケジュールを変更したり、部屋の中の家具や家電製品を移動させるなどの影響が及びます。

居宅内で作業が実施される場合には、事前に説明会を開いて住人の同意を得ておくことが大切です。早めに工事のスケジュールを通知しておき、予定通り作業を実施することができるように準備をするようにしましょう。

 

マンションの大規模修繕工事では、工事中でも可能な限り居住者が日常生活できるように配慮されます。それでも工事の影響を全く受けないようにすることは不可能で、工事期間中は居住者の協力を得る必要があります。

スケジュール通りに修繕工事を進めるためには、事前に居住者に工事の内容や日程を説明して理解をしてもらうことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧