大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者にお願いする工事を行うメリット

マンションやビルといった建物の劣化などに伴う大規模修繕工事に関して、十数年に1回行うことが多いです。そのため計画や費用積立などが必要になり、かなり金額を準備しなければいけません。

大規模修繕工事にはいろいろなメリットがあり、定期的に利用することによって資産を維持することが可能です。

 

建物の安全性を向上することができる

大規模修繕業者を利用することによって建物の安全性を向上することができます。新築の頃万全な状態でも、時間の経過によって劣化していくのでいろいろな箇所が老朽化します。

地震などの自然災害から倒壊するリスクもあるので、大規模修繕業者に依頼することで建物が持つ老朽化などの問題を解決することが可能です。居住者は万が一の自然災害などに備えることができ、安全・安心して住めることができるでしょう。

居住性や利便性などが向上することがあげられ、建築当初は最新式のものも十数年長い間住み続けると最新式のものとは比較できないほど古くなってしまいます。

大規模修繕業者を利用することで老朽化や破損を解消することができたり、マンションの居住性や利便性なども改善することが可能です。バリアフリーやセキュリティなどを改善することができ、これらをきちんと施行することで住みやすい環境に変えることができます。

長く住むことを考えると住みやすい環境にアレンジするにはメリットがあります。資産価値を維持したり、安心・安全を高めるために大規模修繕工事は不可欠です。

 

老朽化に伴う資産価値の低下を避けることができる

資産価値を維持したり向上することに繋げることができます。老朽化した建物の価値は時間が経つにつれ低下していき、もし老朽化や破損が原因で何かしらのトラブルが起きた場合、価値が大きく下がるかもしれません。

大規模修繕業者を利用することによって老朽化に伴う資産価値の低下などを避けることができ、バリアフリーを施行することで居住性や利便性などを高めることから資産価値を向上することが可能です。

大規模修繕の時期は明確に築何年後のように決められていることはなく、だいたいの目安として12年周期と言われています。この12年という数字はタイル張り建物の竣工だったり、改修してから10年が経過した場合、3年以内全面打診調査が必要であると建築基準法などで規定されていることから関係しています。

全面打診調査は足場が必要になるので同じく足場が必要になる大規模修繕を同時に行うと、コストを抑えることができるでしょう。修繕する場合は建物の住人や周辺住人への配慮が不可欠で、特に建築した後初めてになる第1回の大規模修繕に関して周辺住人の理解を得ておかなければいけません。

 

最適な時期を見計らうことをおすすめ

大規模修繕業者に依頼するタイミングとして、最適な時期を見計らうことをおすすめします。最適なタイミングは明確に決めるには難しいですが、あまり時期が離れてしまうといろいろなトラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。

大規模修繕の時期が早過ぎると費用が高くなり、頻繁に修繕するとその分多くかかります。何年か先でも間に合うような状態なら少し期間を空けてみたり、頻繁に大規模修繕を行うことは得策ではありません。

反対に時期が遅過ぎる場合、建物の劣化やダメージが深刻になるケースがあるので注意が必要です。修繕を行う際通常より手間や時間のかかる作業が必要になるので、費用がかえって高くなる可能性が高いです。

安全性の面にも問題があり、トラブルが発生しやすくなるでしょう。大規模修繕業者に依頼する場合、早過ぎても遅過ぎても費用がかさばることがあるので注意が必要です。

大規模修繕のため長期修繕計画を作成しますが、最低5~6年に一度見直すことをおすすめします。修繕した直後は費用などを長期修繕計画に反映するのに良い機会になるでしょう。

 

必要に応じて計画を見直すことが大事

例えばマンションの大規模修繕の場合、マンション毎に長期計画が作成されていて、次の時期や費用の積立てに関して決められています。管理会社などの意見はもちろん、管理組合が長期計画での頻度を見直すことになります。

歳月と共に大規模修繕の回数が増えていき、築年数を重ねるほど修理が必要な場所は増えていくものです。結果的に完全に同じ周期で大規模修繕を実施するのが、必ずしも良いタイミングではありません。

数年に1度業者に建物診断などを依頼したり、必要に応じて計画を見直すことが大事です。大規模修理には最適なタイミングがあり、早くても遅くても良くありません。最適なタイミングで作業しても次回も同じ頻度が最適な時期というわけではないでしょう。

業者を依頼することによって適度に計画を見直しながら、建物の寿命や安全性・価値を維持することが可能です。外観が良くなることはもちろん、建物の耐久性を向上することが可能です。

大規模修理は一度終わればそれで良いというわけではなく、次回以降の作業のため注意すべきポイントをきちんと押さえておくと便利です。

 

経験が豊富な業者がおすすめ

マンションなどの大規模修繕を行う場合、業者選びに迷ったり悩んだりすることがあるでしょう。大規模修繕業者を依頼する場合、いくつか選択するポイントがあります。

例えば最初に建物を建てた業者にこだわらないことがあげられます。建物を建てた会社でないと対応することができない作業は大規模修繕には含まれていません。そのため別の業者を選択することは当然選択肢として考慮していきます。

建物を建てた業者も選択肢に含んでも問題はなく、基本的に建てた会社だからということではなく選択肢の一つとして幅広く比較検討することをおすすめします。さまざまな施工実績があり、経験が豊富である業者がおすすめです。

施工に対する知識やノウハウがないと成功実績を重ねることは難しいものです。施工実績が多い業者を選択することで、さまざまなトラブルやリスクを下げることができます。

施工技術の高さはもちろん住人や近隣の人との接し方も慣れているので、騒音などのトラブル対応において信頼することができるでしょう。スムーズに作業を進めるため、いろいろな専門的知識が必要になるので事前に業者と相談することをおすすめします。

 

補助金を利用する方法

大規模修繕にはかなりの費用がかかりますが、実際マンションの修繕の場合約1,000万円以上必要なケースが多いようです。東京都の場合分譲マンションにおける大規模修繕にかかる費用総額は1,000万円以上が約80%あり、特に1,000万円~3,000万円が最も多いと言われています。

1,000万円以下で済む場合もありますがかなり少なく、100万円以下で済む場合はほんの数%です。大規模修繕にかかる費用は建物や修繕箇所などで変わりますが、1,000万円を準備しなければいけません。

資金不足に悩む組合が多いですが、その対処方法として補助金を利用する方法があります。自治体によって実施する補助金制度や利用条件は異なりますが、うまく活用することでコストを抑えることが可能です。

耐震化やバリアフリー、アスベスト対策や断熱化などを目的にした作業が対象になりやすく、各自治体におけるホームページをチェックしたり自治体に問い合わしてみると良いでしょう。

大規模修繕は繰り返す度に点検や修繕しなければいけないポイントが増えていきます。現状の計画には間に合わなかったり、不要な作業を含めている可能性もあるので、長期修繕計画は最低5年に一度見直す方が良いでしょう。

 

大規模修繕業者に依頼することによって、マンションなどの安全性を向上することができ劣化を防ぐことが可能です。

老朽化に伴う資産価値の低下を避けることができ、最適な時期を見計らうことがポイントになります。自治体によっては補助金制度などを利用することが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧