大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者選びのポイント

マンションなどの建物に対して一定期間毎に実施する計画的修繕工事を大規模修繕と呼んでいて、大規模修繕を行う時期は早過ぎても遅過ぎても良くありません。早いと積立修繕金を無駄にしてしまったり、遅いと建物の劣化を進行させてしまいます。

大規模修繕業者選びも大切で、工事を依頼するにおいていくつかポイントがあります。

 

業者を選ぶ際は慎重に選ぶ

マンションなどの大規模修繕を行う場合、依頼する大規模修繕業者を選ぶ方法としていくつかあります。例えばマンション管理会社で、日常保守点検や修繕などマンションを管理する会社で、修繕する建物の状態を把握しているのが強みです。

最初にイメージする発注先ですが、マンションの管理業務が主になるので大規模修繕を依頼する場合は関係施工会社が行うことになるでしょう。ゼネコンは会社やマンションなどを建設する会社で、新築工事などを行っているので人材や技術・組織などがしっかりしています。

マンションの構造や仕組みなどに関して熟知していますが、必ず大規模修繕業者に適しているというわけではなく、主に下請け業者が工事を担当するからです。修繕専門会社の場合、大規模修繕を専門にする施工業者で、職人を扱っているので施工能力に優れていたり、修繕に関する経験が豊富です。

会社の規模や対応しているエリアは様々なので、施工体制やサポート体制・信頼性といったことについて事前に調査してから慎重に選ぶことをおすすめします。比較検討することによって最適な業者を見つけることができます。

 

修繕専門会社はリーズナブルな価格

大規模修繕を依頼する場合、どの会社に依頼するか迷ってしまうものです。マンションなどの大規模修繕業者を最終的にどこに決定するかに関して、管理組合の希望にもよりますが、費用面を優先すると修繕専門会社がおすすめです。

管理会社やゼネコンの場合は窓口になりますが、実際修繕するのは関連会社や下請けになることが多いでしょう。当然中間マージンなどが発生したり、同じ工事を行なっても施工費用はやや割高になります。

料金の妥当性や客観性などにおいて不透明な部分が出ることがあります。従来マンション管理会社に修繕工事を依頼した管理組合も、修繕専門会社に切り替えるところが増えていてリーズナブルな料金で利用することが可能です。

但し、修繕専門会社ならどこでも良いというわけではなく、施工業者に依頼する場合は必ず見積もりをすることをおすすめします。一社だけでは比較にはならないので複数の会社に見積もりを出してもらったり、見積もりをする場合は金額だけで判断するのはリスクがあります。

同じ項目において比較一覧表を作成すると、いろいろな角度から総合的に決定することが可能です。

 

客観的な目線で判断することが大事

大規模修繕業者を選ぶ際にいくつかポイントがあり、客観的な目線で判断することが重要です。例えば経営状態に関することで、マンションなどの大規模修繕工事は終了しても担当業者と付き合いが継続することが多いです。

次の工事は10年後くらいになりますが、定期点検を行ったり何かしらトラブルが発生した場合は補修してもらう必要があります。最低10年間は存続可能な業者かどうか調査しておく必要があり、万が一途中で連絡が取れなくなるとマンション維持に何かしらの支障が出るからです。

業者データを簡単に入手する方法として、会社のホームページをチェックすると良いでしょう。資本金や従業員数、設立年や沿革、従業員数などを把握することが可能です。それだけでは経営状態まで判断するのは困難ですが、上場会社の場合はば財務状況などが公開されているので確認することができます。

それ以外のデータは掲載されている事は少ないですが、便利なのが企業信用調査会社を活用することです。業歴や資本構成、損益や資金現況などを把握することができ、その会社が優良か把握することができます。中には債務超過が発生していて状態が良くないケースもあるので、リスクはなるべく避けた方が良いです。

 

サービスの質がポイント

大規模修繕工事業者を選択する場合、施工内容やスケジュール・サービスの質などがポイントになります。一般的な流れとして、修繕工事をスタートする前に建物診断を行ったり修繕箇所を確認することが可能です。建物診断結果に従って具体的な工事計画を作成し、修繕工事を施工します。

その後アフターメンテナンスに移行するのですが、コンサルティングを行っている業者は建物診断などから依頼することが可能です。そうでない場合、建物診断だけ別途依頼する必要があるでしょう。

大規模修繕工事の流れに関しては業者においてそれほど違いはないですが、品質管理や安全面、住民対応といった工事への取り組み方法において違いが出てきます。

高品質な施工管理を行っているかや、検査はどのタイミングで行っているのかなどを把握したり、きちんと防犯設備を設置しているのか、落下物防止措置ができているかなど、安全防犯対策についてもポイントになります。さまざまなサービスを提供していたり実績や経験などの積み重ねから、安心して依頼できるかという判断材料にすることが可能です。

 

現場代理人の能力で工事は変わる

現場の代理人の対応力や親身さも大事な点で、大規模修繕工事においてマンション担当者として修繕業者から現場代理人が専属で設定されることが多いです。現場代理人は現場監督のことで、工程管理を行ったり品質管理や安全管理を行います。

原価管理や労務管理、対外折衝や工事全般の顧客窓口なども主な業務です。スムーズに大規模修繕工事が進められるかはこの代理人の能力で変わってきます。

リーダーシップやマネジメント力があるかも重要で、何かしらのトラブルが発生した場合に代理人とコミュニケーションを取ることになるので、その人の資質や人柄なども大事な要素です。代理人の対応が業者とのやり取りになるので、依頼することになると数年間付き合うことになるでしょう。

スピーディに対応してくれたり親身になって行動してくれるような人がおすすめで、優良なスタッフがいる業者を選ぶと安心して作業を依頼することが可能です。事前に工事計画について相談することが多くなるので、打ち合わせにおいて人柄などを把握することができ信頼できる人に仕事を任せましょう。

 

プレゼンテーションを開催する

複数業者を見積もりした後、内容を比較検討してから2~3社ぐらいに絞り込んだら、実際業者を呼んでプレゼンテーションやヒアリングを行うと良いでしょう。

プレゼンを活用することによって業者の工事に対する考え方などを詳しく確認することができ、主な確認項目として住民に対するケアやセキュリティ対策、アフターフォロー体制や保証などに注意することをおすすめします。

住民へのケアに関して緊急連絡先の設置や掲示板などに全工程を掲示するなどの方法があります。定期的な進捗報告でコミュニケーションを図ることができるか確認し、セキュリティ対策として期間中の防犯をヒアリングしましょう。

足場を利用して部屋に侵入されるリスクもあるので、夜間施錠やセンサー設置、補助鍵の貸し出しなどを利用できるか確認することをおすすめします。

アフターフォロー体制は事前に調べることができ、定期点検の頻度や保証に関して詳細事項を確認することが可能です。業者とのやり取りにおいてスムーズに回答を得られたり、分かりやすい説明をしてくれるような会社なら信頼することができます。

 

マンションなどの大規模修繕業者を選ぶ際、慎重に選ぶことが大切です。客観的な目線で判断することが大切で、業者のサービスの質がポイントになります。現場代理人の能力で工事内容が変わるので、プレゼンテーションを開催し信頼できる業者を選択すると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧