大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者にはそれぞれ得意分野が存在する

公開日:2019/06/01  最終更新日:2019/05/20

大規模修繕業者を選ぶときに、目的に合った作業をしてもらえる業者を選ぶことは大切です。

しかし、それぞれの業者には得意分野と苦手分野があるので目的に合った作業をすることが出来ない可能性もあります。

得意分野は何なのかをしっかりと見極めて、理解したうえで依頼する必要があります。

 

大規模修繕業者の種類は主に三種類

一つ目は大手ゼネコンで知名度がとても高く、実績が豊富です。そのため、様々な工事に取り掛かることが出来、お客様もたくさんいるので有名で安心できるというメリットがあります。一方、工事の品質が高くなるのでその分費用も高額になってしまいます。

二つ目は管理会社系です。普段からマンションの管理を行っているので、住人からここを直してほしいという意見があがれば迅速に丁寧に対応します。そのため依頼をしてもコミュニケーションがとてもスムーズでこちらの依頼内容をしっかりと理解したうえで工事に取り掛かってもらうことが出来ます。

三つ目は専門業者系です。専門的な知識もあり、歴史が深い業者も多いのでコストを抑えた形で依頼する事が可能です。業者によって得意分野もあるので、よく調べてから依頼するようにします。

このように大規模修繕業者は三種類に分けられ、それぞれがメリットとデメリットを持っています。なので、自分が依頼するうえで一番重視している事柄に特化した業者を選ぶことが大切です。従業員の対応はこれから色んなことを相談していく時にスムーズにいくか行かないか左右するものとなりますので、良い対応をしてくれるかという点もしっかりと確認しておく必要があります。

 

どんな得意分野が存在するのか?

大規模修繕工事にはゼネコン系と管理会社系、専門業者系の三つに分類されるということですが、この分類の中でもそれぞれの業者にメリットとデメリットがあります。つまり同じ分類の業者同士も得意分野が異なることがあるという事です。

なので、一つ一つの業者の得意としていることをホームページや見積もりなどで確認しておく必要があります。ある業者は価格が安かったり、ある業者は価格が高いけれども工事の質が良いという事が考えられます。

自分の重視する条件としっかり見比べながら、どれが一番自分にとってメリットが大きいかを考えながら選びます。大規模修繕なので長く付き合うことになり、修繕が終わっても建物に不備があったりするとまたコミュニケーションをとることになります。

なので、後悔しない業者選びがとても大切です。時間をかけてじっくりと色んな評価なども参考にして選びましょう。ネットを検索するとランキング表示でとても分かり易く見る事も出来るのでそれも参考にすることが出来ます。それぞれに得意分野があるという事を忘れず、一つの業者にこだわるのではなく、複数見比べてみる必要があります。

 

大規模修繕業者を選ぶ二つの方法

大規模修繕業者を選ぶ方法は二つで、その一つは競争入札方式です。これは共通仕様書をもとに複数の会社が入札をし、最低見積りを提示した工事会社と契約するというものです。

これなら競争なので業者の方も出来るだけ安くと思い、思っていたよりも安く工事をしてくれる場合があります。しかし、この方法ではデメリットが一つだけあり、ダンピング合戦によるサービスの品質が落ちる事が考えられます。

安くしてはもらえますが、安すぎる業者になると、従業員のやる気も下がり、手抜き作業になってしまう可能性があるからです。でも全てがそうとは限らず、安い価格で一生懸命してくれるところも多数なのでおすすめです。

二つ目の方法は見積りです。複数の業者から見積りを引き寄せ、金額や会社の規模、実績などを実際に比べてみて一番良いと感じたものを選びます。見積り書が送られるので、その場で決めるのではなくじっくりと悩んだうえで後悔のない決定が出来ます。たくさんの見積りを取り寄せる事で大規模修繕業者の知識が全くない方でも大体の金額や内容を理解する事も可能です。

 

頭に入れておきたい判断基準

得意分野や苦手分野をしっかり理解したうえで最終決定をします。その際に、これからご紹介する点をもう一度考えてみてそれから決定をするのが賢明です。

一つは安心して任せられるかです。価格重視で決定してしまうと、工事の品質がとても低いことに気付きにくかったり従業員の対応を無視してしまう恐れがあります。本当に安心して最後まで責任を持って果たしてくれるかよく吟味します。

二つ目は倒産のリスクがないかです。大規模修繕は長い付き合いになり、途中で倒産してしまうと困ります。これから倒産する可能性を調べる時に、お客さんの数や従業員の数、サービスの価格が安過ぎないかなどを確認します。

三つ目は長い目で建物を見守ってもらえるかという点です。立てた後に不備があったり、希望とは違うということがあればその後も保証がついていないと費用が莫大になり、諦めなければならなくなります。保証がきちんと付いていて、水道や配管など細かい部分まで修理が必要になった時に見てもらえる業者を選ぶ事が大切です。

その他、安くて質の良い修繕を行なってくれるかとか居住者のストレスが少ない細かい対応が出来るかなども考えておくと良いです。

 

ホームページで得意分野を確認できる?

それぞれの業者の得意分野は見積りなど書類を受け取って確認する事が出来ますが、ホームページからも簡単に知ることが出来ます。ホームページには責任者の自己紹介と、どんな依頼内容を受ける事が出来るのか、また実際に依頼をしたお客様の意見が書かれています。ホームページならインターネットがあればいつでも確認する事が出来ますし、お客様の意見を見ると、書いていることが本当なのかを知ることが可能です。

大規模修繕業者を選ぶときにはまず最初にホームページから大体の雰囲気やメリットを確認して、そこから複数の気になる業者へ見積りを依頼するようにします。見積りではさらに詳しい情報を得たり、価格など具体的な内容も知ることが出来るのでおすすめです。

大規模修繕業者を選ぶときに、その前にしておくべきことや契約しなければならないものなどたくさんあり忙しいです。なので、大規模修繕業者の複数に見積書を依頼して時間を取ってじっくり書類に目を通す時間は取れないこともあります。そんな時に、ホームページから短時間で大体のメリット、デメリットを頭に入れておくことが出来るというのは助けになります。

 

分からないことは実際に聞いてみる

大規模修繕について全ての知識を持っているという方はほとんどいないです。専門の学校に行っていたなら分かるかもしれませんが、ほとんどの方が大規模修繕はどんな風になるんだろうと不安を抱えてしまいます。

安心して全てを任せるためにも、業者に不安な点や疑問点など伝えておくのは賢明です。不安を伝えておくと、どんな風に作業を進めるか全て教えてもらうことが出来、その後のコミュニケーションも上手くいきます。業者の方と仲良くなって、工事の後も問題が起きればすぐに相談できる関係にしておけばとても役に立ちます。

また、依頼する前に実際に電話で分からないことを聞くことで、従業員の対応ややる気を知ることが出来ます。価格がとても安い業者に依頼をしようと考えている場合、特に対応や工事の品質が落ちてしまう事があるので電話で雰囲気を確認する事は良いことです。

あらかじめその業者の雰囲気や内容を理解しておけば、依頼するときにスムーズに話を進める事が出来るのでしっかりと情報を入手しておく必要があります。そうすれば自分のイメージ通りの大規模修繕をしてもらうことも可能です。

 

大規模修繕業者には主に三つの分野、ゼネコン系と管理会社系、専門業者系に分けられます。それぞれにメリットとデメリットがあり、目的に一番合っていると感じた業者を時間をかけてゆっくりと選びます。ホームページや見積書などを通して、それぞれの業者の特徴を知ることが出来ます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧