大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者が工事をする前に居住者への説明が大切である理由

建物はいつか絶対に老朽化します。マンションやアパートなどのオーナーの方であれば、頭に入れておきたい項目になってきます。自分が管理している建物の大規模修繕を考えている場合は住居している人への説明は必要不可欠になります。

 

 

マンション大規模修繕とは何かについて

一言でいうとマンション全体の大きな工事のことを表します。マンションなどの背の高い建物は、一軒家に比べて背が高いことが多いため、他よりも多く太陽に当たったり風を受けたりします。

コンクリートは強いと言われていますが、永久的に持続するものではありません。そのため定期的な建物診断を行い、結果によっては大規模な修繕をする必要があります。マンションの場合には最長で3ヶ月から5ヶ月の時間がかかると言われています。

タイル張りやモルタル仕上げなどのマンションは施工、改築から10年が経過すると、三年以内に調査をしなければならないという基準が定められています。調査を受けるには足場が必要であるため、足場だけでも膨大なコストがかかります。

多くのマンションは築12年を経過したあたりで修繕を行うことが主流になってきています。一度行ったとしてもまた何年かごとに修繕工事は必要になってきますから、ずっと信頼して依頼できる大規模修繕業者を探すことが大切になります。施工も質や料金も業者によって様々です。納得のいく業者を選んでいくとよいでしょう。

 

マンション修繕の際に必要なことは?

マンションの大規模な修繕の場合には必ずと言っていい程、住民への説明が大切になってきます。工事の受注が始まったら、なるべく早い時期に説明会を開催しましょう。理由は居住者に少しでも早く周知してもらって、準備を備えてもらうためでもあります。

内容は必ず住民の立場に立って話を進めていくことが必要です。どこに足場が立つのか使えなくなる場所がなくなるか、大型車両の出入りの時間帯の外出は可能かなど細く伝えるとよいです。

バルコニーなどは物が置いてあると危険な場合もあるため、片付けを依頼したり洗濯物は乾燥機を使用してもらうよう伝えて、住民の物へ危害が加わることがないようにします。洗濯を干すことができなくなるため、乾燥機を用意したりして出来るだけ普段通りに生活ができるよう配慮していく努力をしましょう。

車がずっと止まっている場合には破片などが飛んでしまってガラスが割れたり、車が傷んだりすることがないよう、カバーをかけるなど工夫してもらえる旨を伝えます。居住者の理解を得る努力をすることがスムーズに施工する近道です。

 

説明会は家族構成によってわける

住んでいる人の数が多い場合は、日にちや時間を分けて開催するようにしましょう。大人数の前で話せば一度で終わりますが、理解が得られにくいとされています。参加する側からすればたくさんの住民の中で質問がしやすいかどうか、考えたら分かります。

小さなことでも相談できるように、時間の許す限り小規模で説明会を行うことです。他にも注意事項は各家庭によって違うことも頭に入れておくとよいです。夫婦二人の世帯や子育て世帯など様々な方が住んでいます。

子どもが一緒に住んでいる場合は、特に小さい子どもは大きい音が苦手な場合もあります。バルコニーの鍵が開いたままになっていると、何もわからない子どもが外へ出てしまい危険になってしまうこともあるため、特に子どもが住んでいる世帯には気をつけてもらうことを伝える必要があります。

妊娠している方も中にはいることでしょう。高層階に住んでいる場合には、特にエレベーターが使用できないのは大変です。どこのエレベーターが使用できなくなるのかを明確に知らせておくなど、各家庭に合わせてお知らせできるとよいでしょう。

 

大規模修繕業者からの説明の他にも工夫を

一度工事について説明して理解してもらった後は、安心して暮らしてもらえるよう日々努力しなければなりません。知らせていた時間よりも早く始めたり、遅くまで行うということは不信感を与えてしまいます。

納期が迫っていたとしても説明した以外のことを自己判断で行うことはよくありません。どうしても工事の時間が変わる場合には住民へお知らせの紙をポスティングしたり、看板に記載するなど、工夫をしていきましょう。

住民が車など出したいときには声をかけたりして、出来るだけ快適に暮らせるように配慮していくことです。住んでいる人がいるわけですから、工事する方が休憩中にエンジンをかけっぱなしで過ごしてしまって迷惑になることがないように、スタッフの教育まで細心の注意を払います。

ちょっとした不信感からこの業者に任せて大丈夫なのか不安になってしまうものです。住民に会った際には挨拶を一つ行うという簡単なことでも、信頼感を得ていきます。全員の協力が得られることはそういった施工しやすさにも繋がることを大規模修繕業者の方は頭に入れておきましょう。

 

大規模修繕に当たって住民の意見を聞ける

大規模修繕を行うときに住民の意見を聞きやすいとされているのがアンケート実施であります。今住んでいる住民が、どのようなサービスや施工を希望されているのかということや、建物にどのような問題が出て生活に支障が出ているのかを伺うことで現状を把握できると共に、改善点が見えてきます。

大規模修繕業者やオーナーはそこに住んでいない場合が多いため、自分たちでは分からなかった点もわかるようになります。どこを修繕するのか委託する前にこのようなアンケートで意味のある修繕をするべきです。

住民側も関係ないと思ったことでも、意見を述べるようにします。言わなければ困っていないとみなされて、改善はしません。意見を取り入れ今よりも住みやすい物件になると感じれば、多少の大きな音も我慢することができます。

修繕して前よりも住みやすくなったという物件は数多く、存在していてそのほとんどが、しっかりと住民の意見を聞き入れる努力をしています。せっかく行う修繕ですから、行う方も受ける方も満足が得られる結果にしたいものです。アンケートで改善点を見つけることも手段です。

 

説明不足は思いがけないことが起こることも

入居者の理解が得られないまま、工事に取り掛かってしまうと思いがけない不慮の事故に繋がってしまうこともあります。工事をすることで今までよりもよい環境になることを伝えて、協力してもらうことが鍵となります。

工事完了までのスケジュールはもちろんのこと、どこをどのように修復するのか作業時間の案内や休日作業の案内、休憩の時間まで伝えます。工事期間内に発生する全てのことを明確に知らせていくようにしましょう。

相手が作業の流れを予想できるように話すことが必要です。足場が組まれる場合には不審者が足場を登ってくることがあります。今までの生活では予想できなかった被害が起こり得ます。

万が一があった場合の連絡先なども公開して安心してもらえるようにしましょう。可能であれば子ども向けの安全教室を開催するなど、足場などに近づいて怪我をしてしまわない対策をすることもできます。

トラブルが起きてしまっては楽しみにしていた完成も嬉しくなくなってしまいます。工事の前に準備できることはしておき、トラブルが出来るだけ起こらないようにしていくことが大切です。

 

大規模修繕は住民にとって綺麗になって住みやすくなるというメリットがありますが、説明を受けていないと不安になってしまいます。大規模修繕業者は出来るだけ細かな心遣いと配慮を行い、安心して任せてもらえる努力をするとよいです。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧