大規模修繕工事やマンション修繕におすすめの業者比較ランキング!【口コミ・評判や費用情報等もご紹介!】

大規模修繕業者に依頼した工事中に考えられる住民トラブル

マンションの大規模修繕工事を行う場合には、マンションの住民や近隣とのトラブルが発生する場合があります。大規模修繕業者に依頼をする場合には、工事にともなう各種問題に対応することができる会社を選ぶことも大切です。

 

 

大規模修繕で考えられる住民トラブルとは?

マンションを長持ちさせるためには、定期的に修繕工事を実施することが大切です。小規模な修繕工事に加えて、10年~20年のスパンで大規模な修繕工事を実施する必要があります。

このような場合には、賃貸物件のオーナーかマンションの管理組合が大規模修繕業者に工事を依頼するケースが一般的です。施工業者を選ぶ場合は費用や工事内容を比較して会社を選ぶ場合が多いのですが、マンションの住民や近隣に対してトラブルを起こさないような配慮を払ってくれる業者を選ぶことも大切です。

マンションの大規模修繕工事を実施する場合には、工事中に発生することが予想される問題に対して事前に対処する必要があります。実際に起こった例として、工事に伴う騒音や粉じん・プライバシーの侵害・施工が妨げられること・近隣からのクレーム・工事中の空き巣被害などが挙げられます。

場合によっては工事期間が延長したり、余分の費用がかかってしまうケースもあります。過去の実例を参考にすることで、大規模修繕工事を実施している期間中に問題が起こらないように有効な対策を講じることができます。

 

騒音・振動・粉じん・臭いなどの発生に対処する方法とは?

工事を行うと、振動や騒音などが発生するのは仕方がないことです。慣れていない人にとっては、短い間でも振動や騒音が苦痛に感じられるかもしれません。音や振動以外にも、溶剤の臭いや粉じんなどが発生します。最近は人体に有害な有機溶剤が規制されているので、昔よりも安全性が高くなりました。

しかし、人体に危険がない水性溶剤が使用される場合であっても、慣れない溶剤の臭いに我慢ができないという人も少なくありません。工事に伴う騒音や臭いは避けて通ることができないものですが、工程表を表示しておくことで住民とのトラブルを減らすことができます。

工程表があれば、あらかじめ騒音や臭いなどの問題が生じる日を予想することができます。工事日程に合わせて日中に外出するなどして対応すれば、被害に遭わずに済むでしょう。賃貸物件の場合は、マンションオーナーが大規模修繕業者の担当者と事前に相談をして工程表を掲示するなどして対処することができます。

業者によっては事前に工事の内容や予想される問題(騒音や臭いなど)を知らせてくれるので、被害を受けないように準備をすることが可能です。

 

プライバシー侵害を防ぐ方法とは?

工事が始まると建物全体に足場が組まれ、外壁の破損個所や塗料の塗り直しなどの作業が行われます。工事中は作業員が足場を移動するので、ガラス戸や窓から室内が見えてしまうことでプライバシー侵害のトラブルが発生した例があります。

一部の大規模修繕業者では、下請け会社に対して作業員が家の中を覗き込まないようにするなどの教育を徹底しています。プライバシー侵害の問題を防ぐためには、作業員にきちんと教育を行う業者を選ぶことが大切です。マンションオーナーや管理組合は、作業中はカーテンを閉めておくなどの対策を講じるように通知をする必要もあります。

古いマンションであれば、共用の排水管や給水管がバルコニーや室内の壁に埋め込まれているケースがあります。このような建物では共用管の点検や修繕作業を行う目的で、作業員が専有部内(室内)に入らなければなりません。作業員が勝手に室内やバルコニーに入ることで、住民とトラブルが発生したという事例があります。

専有部内に入る際の手順について、事前に施工業者と相談をすることも大切です。予定通りに工事を進めるためには、住民の協力が不可欠です。工事を始める前に、協力が得られるように丁寧に対応することが必要です。

 

施工が妨げられるケースと対処方法とは?

一般的にマンションのバルコニーや玄関ポーチは共用部分ですが、個人の専有スペースと同じように使用されるケースがあります。物置を置いたり、鉢植えや冬用タイヤの保管場所に使用される場合も珍しくありません。

マンションの大規模修繕工事では、バルコニーや玄関ポーチのゴムシートを交換したり、塗装や破損個所の修繕作業も実施されます。バルコニーなどの場所に物置などの物品が置かれたままで、工事が進められずに施工不能の問題が発生する事例が存在します。施工不能の問題が生じると工事期間が延長されて、余分の費用が請求される恐れがあるので注意が必要です。

大規模修繕工事を実施する場合には、工事の日程表とともにバルコニーや玄関ポーチなどの共用部分の物品を片付けておくように通知するようにしましょう。バルコニーと通路部分で行われる作業日程を通知しておけば、工事がある日に合わせて片づけをしておくことができます。

共用部分に置かれている物品によって施工ができなくなった場合には、すぐに施工業者の担当者がオーナーや管理人に連絡をして問題に対処する手順を決めておくことも大切です。

 

近隣からのクレームが発生するケースと対処方法とは?

マンションの大規模修繕工事を実施する場合に、住民であればある程度は我慢をすることができます。それでもマンションの近隣に住んでいる人が、工事にともない発生する音や振動などの被害を受けて苦情が入るというケースも少なくありません。

大きな建物であれば工事期間が長くなりますし、周辺の道路に車両を駐停車させる場合もあります。実際に粉じんが飛んできて洗濯物が汚れてしまったり、騒音で仕事ができないなどの苦情が寄せられた事例が存在します。近隣からのクレームが発生したり周辺の道路が使用できなくなると、工事自体がストップしてしまう恐れがあるので注意が必要です。

近隣に迷惑をかけないようにするための防じん・防音シートを使用することや、夜間や早朝には騒音が発生する作業をしないようにするなどの対策を講じることができます。マンションの近くに住宅がある場合には、事前に近隣に説明をしておくことが求められます。工事関係の車両が出入りする場合には、事前にルートを確認したり敷地内に駐車スペースを確保するなどの対策を講じておくことができるでしょう。

 

工事用の足場を使用した空き巣被害とは?

マンションの修繕工事を実施する場合には、建物全体を覆う形で足場が組まれます。工事期間中は作業員が建物内に出入りする必要があるので、オートロックの鍵を開放する必要もあります。工事用の足場を使用したり解放されているオートロック扉が使用されて、空き巣被害が発生する恐れがあります。

工事期間中は多くの施工業者の関係者が作業を行うので、いろいろな人がマンション内に立ち入ります。この状況を利用して窃盗犯が工事関係者を装ってマンション内に侵入し、空き巣を働いたという事例が存在します。窃盗のトラブルを防ぐためには、工事期間中はベランダのガラス戸の鍵を閉めておくことやドアや窓の戸締りを徹底することを住民に通知することが大切です。

大規模修繕業者に対しては、工事関係者であることを見分けられるような腕章やベルト・ヘルメットなどを着用してもらうなどの方法対応することができるでしょう。

工事期間中は防犯カメラや人感センサータイプのサーチライトを設置したり、補助錠の貸し出しをしてもらう方法もあります。大規模修繕業者に工事の依頼をする場合には、工事期間中のセキュリティ面でのトラブルを防ぐための対策を講じてくれる会社を選ぶことも大切です。

 

マンションの大規模修繕工事を実施すると、トラブルが発生することが予想されます。問題が起こらないようにするためには、事前にマンションの住民や近隣に十分に説明をしておく必要があります。

大規模修繕業者を選定する際は、作業員の教育が徹底していることやセキュリティ対策を講じてくれる業者を選ぶことも大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧